StrategIT

「いい会社を増やしたい」

がわたしたちのテーマです。

戦略の実現にITを欠かすことはできません。
StrategyとITを組み合わせ「StrategIT」という会社名にしました。

経営の質的向上に貢献するSaaSの普及をミッションに、
ビジネスサイドと技術サイド両面で価値提供をしてまいります。


解決する課題

顧客の社内システムとの連携を求められるのだけど連携の設計や開発をするリソースが足りないし、保守の体制も悩んでいる。
自社サービス買って頂けるのはいいのだけど、ユーザーが正しく使えていないようだ。導入支援やカスタマーサポートに負荷がかかり過ぎてうまくスケールできない。
カスタマーサクセスという言葉がはやっているようだけど具体的にどうすればいいの?

StrategITの特徴

経営視点

SaaSの事業運営に必要なビジネスリテラシーとシステム開発の知見を統合し、経営視点で事業にプラスのインパクトを提供します。

SaaS専門

「SaaS×サブスクリプション」のビジネスモデルを構築する独自のフレームワークを用いて、クラウドサービスの提供に必要な
・アジャイル
・ミニマムスタート
・継続的改善
のスタイルで確実に課題解決に近付けます。

実績

ユーザーへの価値提供を軸にSaaS事業を構築します。
・クラウドERP(NetSuite)導入サービス開発
・国内BtoB SaaSカスタマーサクセス構築
・国内BtoB SaaSプロダクト連携企画
特にクラウドERPのNetSuiteのサービス構築には国内有数の実績があります。

サービスラインナップ

SaaS事業者向けオンボーディングサービスの設計/開発

SaaSのサブスクリプション収益を安定化し、LTVを最大化するには導入後3ヶ月以内にクライアントがSaaSを業務に取り込めるかどうかが最初の課題です。
プロダクトに合わせたオンボーディング施策を開発します。

SaaSプロダクト専用のシステム連携設計/開発

SaaSの提供価値を向上するには他のシステムとの連携が不可欠です。
SaaSプロダクトが強みを最大限に発揮する連携フローを設計し、実装まで対応します。

SaaSプロダクトのカスタマーサクセス運用

カスタマーサクセスは単なる問合せ対応であってはならない考えています。
能動的にクライアントの課題を解決し続けるための運用を代行します。

統合マスタ管理×SaaS連携iPaaS

複数のSaaSを利用が進むほど、ツールごとに情報分散が進んでしまいます。
取引先情報、商品情報を統合マスタとして管理し、ツール間の多重入力を削減するだけでなく、情報分析の基盤を構築します。

Stand by:サービス内容

  • 「BtoB SaaS×サブスクリプション」モデルを構築するために必要な要素をテンプレート化しました。
    テンプレートを用いて対応すべき課題を可視化します。
  • 課題をリード獲得、営業モデル構築、オンボーディング構築、カスタマーサクセス構築、プロダクト開発などSaaSの提供に必要な要素に切り分け、それぞれのプロダクトと組織に合った課題を整理します。
  • 各プロセスごとに初期の仮説を設定し、一緒に現場に出て仮説検証をします。
  • プロダクトに合った最適なオンボーディング施策を開発します。
  • 「BtoB SaaS×サブスクリプション」モデルを構築するために必要な要素をテンプレート化しました。
    テンプレートを用いて対応すべき課題を可視化します。

SaaS Connect:サービス内容

  • プロダクトの価値を高める専用の連携方法を設計し、実装します。
  • ストラテジットが保有する基本的な連携機能、設計パターンを応用して連携開発の工数を削減します。
  • SaaSプロダクト専用の仕様を備えた連携パッケージを利用頂くことで煩雑な運用から解放します。
  • クライアントは面倒な業務設計をせずにシステム連携を導入でき、複数システムへの多重入力から解放されることでChurnリスクが大きく低減しLTVの最大化に貢献します。
  • 大手金融機関、メガベンチャーなど重要な業務システムを抱える企業での導入実績を持った業務コンサルタントとエンジニアが品質を保証します。
  • プロダクトの価値を高める専用の連携方法を設計し、実装します。

Delivery:サービス内容

  • クライアントとのタッチポイントを構築し、エキスパンション、アップセル、クロスセルの機会を創出します。
  • 詳細はお問合せください。
  • クライアントとのタッチポイントを構築し、エキスパンション、アップセル、クロスセルの機会を創出します。

About

会社概要

社名 株式会社ストラテジット
設立 2019年7月
役員 代表取締役 立原 圭
取締役   松嶋 活智
資本金 300万円
本店所在地 〒104-0033 東京都中央区新川一丁目16番3号住友不動産茅場町ビル7階
電話番号 03-6811-1431
秋葉原オフィス 〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町66 ヴィラージュドクロシェビル802
従業員 6名
決算月 6月
資本金 300万円

代表略歴

複数社で法人営業を経てMBA取得。戦略・M&A・業務コンサルティングを経験後、2017年コグラフ(株)入社。事業統括執行役員として主に大企業向けシステム開発事業部の運営、クラウドERPサービス(NetSuite)事業部の立上を担当。2018年11月株式会社オクト入社。ANDPADのカスタマーサクセス構築、プロダクト連携の企画を担当。

得意分野

  • 事業コンセプトを仮説検証して0から1を作り出し、実現可能な戦略モデルにすること前例無しのプロジェクトであっても周囲の人を巻き込みながら実行すること

    事例:①クラウドERPのNetSuite導入プロジェクト
       ・通常は導入完了まで6ヶ月~1年程度かかるものを3ヶ月~6ヶ月での導入を実現
       ・プロジェクトメンバーは9割外部リソースであったが強い協業関係を構築

      ②投資会社向け投資シナリオ検討プロジェクト
       ・要求が不明確且つ短納期のプロジェクトであったが期限通りに完了

  • 事業をB/S、P/L、C/Fベースで定量的に管理する能力

    例:①NetSuite事業部創設
       ・NetSuite事業部売上、昨年対比約4倍に成長
       ・会社の財務状況を意識しつつ事業を成長させながら目の前のキャッシュを稼ぐ

  • 大手金融のシステム連携開発、メガベンチャーの基幹システム導入に伴うシステム連携開発(会計部分)、スタートアップバーティカルSaaSのシステム連携導入設計
  • 事業の立て直し、炎上プロジェクト対応
  • 事業コンセプトを仮説検証して0から1を作り出し、実現可能な戦略モデルにすること前例無しのプロジェクトであっても周囲の人を巻き込みながら実行すること

    事例:①クラウドERPのNetSuite導入プロジェクト
       ・通常は導入完了まで6ヶ月~1年程度かかるものを3ヶ月~6ヶ月での導入を実現
       ・プロジェクトメンバーは9割外部リソースであったが強い協業関係を構築

      ②投資会社向け投資シナリオ検討プロジェクト
       ・要求が不明確且つ短納期のプロジェクトであったが期限通りに完了

お問い合わせ

BtoB SaaSカスタマーサクセス/オンボーディング構築、SaaS間システム連携の企画/開発、採用に関するお問い合わせは下記までお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信